光ディスク事業

1/3
「DVDでもエンコード画質が素晴らしく、映画の細かい描写や空気感といったものまで残っています。他社さんでは、ここまで再現できませんでした。メニュー画面も素晴らしく、いつもありがとうございます。

映画配給会社 プロデューサーさまより

光ディスクは、もう古いと考えている方も多いと思います。しかし、メディアの歴史を見ると、ディスクは、エジソンが発明したアナログレコードを元にディスク型になり、光ディスクへと受け継がれました。最初は音楽CD、レーザーディスク、DVD、Blu-Ray Disc、そして、4Kが再生できるUHD Blu-Ray Disc へと変遷しています。しかし共通なのは、CDから一貫してディスクの大きさが物理的に変わっていないことから、1982年誕生のCDから互換性があります。100%普及しきった光ディスクメディアは、テレビと同じ普及率で、あまねく日本全国・世界へメディアを届けて再生することができます。またOSに依存されないため何世代にも渡って互換性が保たれます。 そこが、このメディアの特長であり、長年の信頼を得ている証拠でもあります。

​一貫した生産体制

DVDからBlu-Ray Discまで、メニュー画面デザイン制作、プロフェッショナルDVDオーサリング、ジャケット、盤面デザイン制作、印刷、ディスクプレスまで、一貫して制作してお届けします。

もちろん、市販用から小ロットまで対応しています。

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page