鉄道車輌LCD広告・航空機内映像事業

1/3
「LCD広告で乗客に何を見せたいのかが、的確に分かっているスタッフだと思いました。車内ビジョンでは音声を出せないので見せ方の工夫が絶妙だと感じました。

大手広告代理店 営業マネージャーさまより

<弊社トレインチャンネル2016年~納品実績路線>(デジベ・HDCAM納品対応)

JR東日本 山手線、中央線、京浜東北線、京葉線、埼京線、南武線、鶴見線、

 横浜線など

TOQビジョン(東急系列全線)

K-DGチャンネル(京王井の頭線)

TMV(東京メトロ全線)
西武 Smileビジョン(西武鉄道全線)

WESTビジョン(JR西日本)

<機内映像>

​全日本空輸

トレインビジョン・トレインチャンネル

この画面は当社オリジナルデザインです

主に首都圏の鉄道広告は、2015年の秋、山手線新車輌 E235系の登場で吊広告が無くなり、LCD表示に変更されます。ドア上のモニターは、左側が一般車内広告(トレインチャンネル)、右側がトレインビジョンと言い、路線案内や遅延情報などを流す画面です。

 

弊社は、いままでのDVDメニュー画面や報道や番組などの電子フリップデザインのノウハウを活かし、どなたでも見やすいLCD表示に最適化した路線表示画面を制作いたします。

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page